暑中見舞いはがきの基礎知識

暑中見舞いについて

暑中に知人などへ安否を尋ねることです。
手紙を出したり、訪問したりします。


暑中見舞い・残暑見舞いはがきを送る時期

暑中とは1年で最も厚さが厳しい時期のことで、
夏の土用の期間 (約18日間)、7月20日前後(夏の土用の入り/年により異なります)~立秋までの期間ではがきを送ります。

一般的に梅雨明け後から立秋までと覚えておくと良いでしょう。
立秋を過ぎると、「残暑見舞い」となりまます。
(残暑見舞いは8月8日~8月末までにはがきを出します。)


暑中見舞い・残暑見舞いはがきの文章は、どのように書くの?

相手の健康への気づかいを伝え、自分の近況を報告する夏のご挨拶です。
暑さや自分の事ばかりでなく、相手の健康を気づかう言葉を必ず入れましょう。

※頭語(拝啓など)や結語(敬具など)は不要です。

1.
季節の挨拶/見出し
暑中見舞い 暑中お見舞い申し上げます
残暑見舞い 残暑お見舞い申し上げます
2.
相手の安否をたずねる言葉
自分の近況報告
相手の無事を祈る言葉
暑中見舞い きびしい暑さが続いておりますが 皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます
おかげさまをもちまして 私共も元気に暮らしております
しばらくこの暑さが続くようですが 皆様お健やかに秋をお迎えくださいますよう お祈りいたします
残暑見舞い 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか
おかげさまをもちまして 私共も元気に暮らしております
残暑厳しき折、どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます
3.
日付
暑中見舞い ・平成○○年 ○月
・平成○○年 盛夏
残暑見舞い ・平成○○年 ○月
・平成○○年 晩夏
・平成○○年 立秋
4.
差出人
住所・氏名。
必要であれば電話番号も書きます。

■暑中見舞い文例集

  • 暑中お見舞い申し上げます
    厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでございましょうか
    日頃はひとかたならぬお引立てにあずかり厚くお礼申し上げます
    酷暑の折から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます
     平成○○年 盛夏
  • 暑中お見舞い申し上げます
    きびしい暑さが続いておりますが 皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます
    おかげさまをもちまして 私共も元気に暮らしております
    しばらくこの暑さが続くようですが 皆様お健やかに秋をお迎えくださいますよう お祈りいたします
     平成○○年 盛夏
  • 暑中お見舞い申し上げます
    暑さ厳しき折柄 いかがお過ごしでございましょうか
    おかげさまで私共も元気に暮らしております
    暑い日が続いていますが くれぐれもお体に気をつけてください
     平成○○年 盛夏

営業日について

お支払について

クレジットカード決済・宅配便の代金引換サービス・銀行振込(先払い)・NP後払いの4つからお選びいただけます。

クレジット/銀行振込/コンビニ/代金引換

※銀行振込の場合は入金確認後の発送となります。

配送について

自由文・名入れ印刷が有る場合は「印刷OK」のお返事をいただいてから印刷・商品出荷いたします。

宅配便でお届けいたします。

送料は北海道・沖縄・離島は1,000円、それ以外は600円となります。

※海外への発送は行っておりません。

3,000円以上で送料無料


PAGE TOP